スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

損切りできないって結局こういう事だったのか 

7日の日記で、損切りできない事に関して
「目の前の小さな問題を見て見ぬ振りしてでも、
決定的な問題になるまでは先延ばしできた方が良いのだ。」

と書いた。人の心理行動として、まあ、有りがちなことだし、
深く考えた訳でなく、その場の思いつきだったのだけど、
書いた後で、愕然とした。
これは単に為替のトレード手法の問題ではなくて
もっと根の深いところに問題があると気づいたからだ。

結局これは自分の人間性の問題なのだ
これまでの人生を振り返ってみれば思い当たる節がたくさんある。
子供の頃、夏休みの宿題が計画的に出来ずついつい溜めてしまう。
で結局8月31日に泣きそうになりながらまとめてやっている。
来年は絶対、計画的にやると誓っても、毎年同じ事を繰り返す。
中間・期末テストの前に徹夜で詰め込む。
毎日、いやせめて毎週くらいで復習しておけば、、、。
部屋の片付けができない。足の踏み場がないくらい散らかると
ますます手が付けられなくなって放置に入る。
大学の講義を休む。1回休みが2回、3回と積み重なりだんだん
行きづらくなる。結局、単位を落とす。その積み重ねで留年。
引越しの当日まで荷造りが終わらない。部屋の掃除が終わらない。
運送屋の来る日は決まっているのに計画的にできない。
会社に入ってからは、さすがにマジでシャレにならなくなるので
各所の調整が必要な案件はそれなりに行動していたけど、
自分の裁量で進められることに関しては、やっぱり締め切り間際まで
ぐずぐずしてしまう。
そして今現在だって、日々少しずつでもやらなければいけない事が
たくさんあって、それをやり過ごしていたら酷い事態になる事を
想像できなくもないのに、だらだらと過ごしている、、、
酒を飲むのだってそうだ。しらふでいると目の前の現実と
向き合わなくてはならないから、酔って思考停止にするのだ。

結局これらは皆、目の前に起きている処理すべき問題の小さな芽を
見てみぬ振りをして、その芽が徐々に、しかし確実に大きくなっていく
のを知りながら黙殺し、かつそれが非常に不快で気になっているから
日々の生産性、パフォーマンスも低下し、負のスパイラルに陥り、
最後には手の施しようのないカタストロフを迎える、
という共通した構造なのだ。

かなり、へこんできました。

PS:
スポーツのメンタル科学では、試合(ゲーム)の勝ち負けを
自分の人生の勝ち負けと混同せずに切り離す事が鉄則なのだが、
損切りができない事だって為替のゲームに過ぎないのだから
自分の人間性と切り離すべきなのかもしれないけどね。

にほんブログ村 為替ブログへ ←ポチっと、応援よろしこ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://amefuri55.blog74.fc2.com/tb.php/36-17934f3d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。