スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX暦 

FX暦をざっと紹介。

FXというものの存在は2005年の夏頃に知りました。
ちょうど会社を辞めて仕事が無かった時でした。
とにかく少しでもお金になればと始めてみました。

デイトレはボロボロでした。何の知識もないので当然ですね。
怖くてデイトレはすぐにやめました。
次にスワップ狙いのスイングを始めたところ運良く
(今思えば運悪くかもしれませんが)
ビギナーズラックで月収の2倍程ゲットできてしまったんですね。
まあ円を売っておけば誰でも儲かった相場つきでしたから、
ナンピンしても放置プレイで損切りなし。それでも結果オーライだったわけです。

2005年末の円高では損切りできずに、ただ下がっていくチャートを
呆然と眺めているだけでした。結局、底付近で損切り。

2006年、懲りずにスワップ狙いの円売りを続ける。
資金量を考え値幅を取って買い下がり。多少、計画性を持たせる。
6.13世界同時株安を乗り切る。
年間プラスの確定益と含み益+未決済スワップで終える。
調子に乗り、マイナー&エキゾチック通貨に手を広げる。

2007年、上海ショックを乗り切る。
多少痛みは出たが、その後の円安の戻りで回復。
8月、変な余裕で買い下がり。サブプライムショック発生。
強制決済、、、執行される。
一つだけ生き残った口座は年末時にはまだ結構な含み益があった。
(この時点で手仕舞っておけば、、、)

2008年、南アの電力不足でランド暴落。
一気に大幅含み損。損切り。
3.17の?ショックでアイスランドクローナ暴落。
死亡。せめて自ら損切り。

現在、FXを辞めたいとは思わないのですが、
一体、どうしたものかと迷っているところです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://amefuri55.blog74.fc2.com/tb.php/2-dfd07072
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。