スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記081229 

①ドル円:90.10売→90.05仕切 +5P
②ドル円:90.26売→90.21仕切 +5P
③ドル円:90.32売→90.40損切 -8P

90円割れの急降下は、じっと見送り。
戻ったところを売りで①、②、③と。

が、③の損切りが、やっぱり間違いなんだろうな。
跳ねたのを反射的に取るのなら、もっと早く切るべきだし
(落ちなくてジレた数分の間に決断)
それを見送ったなら、もう少し我慢すべき。
(.40は下落前のレベルまで戻したレベル。
そこを越えていくところに損切りラインでよかったのでは?)

スポンサーサイト

日記081226 末期的、、、 

①ドル円:90.35買→90.65仕切 +1.5P
②ドル円:90.60売→90.58仕切 +2P
③ドル円:90.67売→90.66仕切 +1P

①なんか、いい所で買ってるんだけど
5分どころか3分も我慢できない。
精神的に末期症状だな、、、

金銭的、心理的に余裕が無くて
そういった短いトレードしかできないのなら、
それならそれでスキャルに徹するのも手なのか?
だとしたら、もっと流れの中に入っていかないと
エントリー回数が増えない、とは思うが、、、

にほんブログ村 為替ブログへ ←ポチっと、よろしこ。

日記081225 動かないと思ったら 

①ドル円:90.35買→90.38仕切 +3P

①は午後2時台の取引。
外出の用事があったのですぐに切った。
4時頃帰ってから画面を開くがレートが全く動かない。
「海外が休みだと、やっぱこんなもんかー」
と思っていたが、何かおかしいぞ?と、やっと気付く。
FX会社の取引自体が3時で終わりだった。

下手すると①は仕切れなかったかも、だった。
(今朝の上昇なら仕切れなかった方がラッキーだったが、、、
まあ、その逆もありえるので。)

日記081224 微妙 

①ドル円:90.55売→90.52仕切 +3P
②ドル円:90.60売→90.70損切 -10P

うーん、微妙。
②は結果的には損切りせずに持っていれば良かったわけだが、
精神的に我慢が足りな過ぎるともいえるし、
素早い損切りで被害を最小にしたともいえるし、
良かったのか悪かったのか分からない。

それよりも、仕掛けるべき場面は、そこじゃなく
昼間の90.25~30あたりの買いだったと思う。
が、20で買指ししたまま調整する判断ができなかった。

日記 081223 チマチマと 

①ドル円:90.15買→90.17仕切 +2P
②ドル円:90.10買→90.15仕切 +5P
③ドル円:90.00買→90.05仕切 +5P
④ドル円:89.93買→89.98仕切 +5P

チマチマとスキャル。
だけどなー、この後の上昇で付いてかなきゃダメだな。
90円割れて、まだ下行くか、底打ちか、
の両方に注意がいく場面だったけど、
あっ反転かなって、割とわかりやすかったと思う。
(5分足のMAなんかでも)
なのに、そこから取れてない、、、

日記081218 何だかもうね 

昨日は昼、夜とも外出の用事があったりで
結局ノートレード。

しかしユーロドルは凄い。
怖くて手が出ない、のは正解でいいのだろうか?
下げが落ち着いてからの1.42~1.43の上下で
取れたんじゃないか、とも思う。

ドル円は順張りが出来ないまでも、
89.0円、90.0円で何も考えず売指しておけば
少しずつ取れたんだなー。

資金が厳しいと、精神的に余裕が無いというか
手が動かなくなってくるよね、、、

日記081217 ちがうよ 

①ドル円:88.30買→87.50損切 -80P
②ドル円:87.85売→87.80仕切 +5P

やらかした。
エントリーポイントが決定的に間違い。
よくある悪い癖なんだが、そこを切れたら下へ走るよ
ってポイントに買指しを入れてしまう。
頭が重くジリジリ下げてるし、15分足のMAを見ても
危険な匂いはあったのに、なんでだろ、、、
しかもダウの寄付きの時間だし。
注意力が足りないというか、安易すぎる。
これは防げるミスだと思う。

ユーロドルは見てるだけー。
1.44からの押しで1.4260買指しは付かなかった。

しかしこれでまた資金が崖っぷちだぞ。

日記081216 何だかな 

①ユーロドル:(1.3600売)→1.3750損切 -150P

ユーロドル、すごい上げですね。(寝てたけど)
こうやって見ると損切りは最悪の事態を回避した
結果になったのか、、、

昼間はずっとチャートを見ていた。
だから戦略通り1.37台でナンピン売りの抱合わせで逃げ
が出来たのに、ナンピンの手が出ない。
であれば1.3650下まで下げた時に切ればよいのに
それも出来ない。
(結果論で言えばここで切って途転の買いがベストの手だった)

意思に反したちょっかい売りが逆行して、
精神的に負の状態、頭が完全に思考停止しているんだな。
(こう言う時は生活全体のリズムも悪い。本業の仕事も
さっぱり、はかどらないし、いい事は何にも無い。)
逆行している時でも気持ちを強く持って、
その時に出来る最善の策を考えなければいけない。
それが苦痛を伴うとしても動かなければいけない。
(無意識の)見ないふりというか、逃げちゃダメ。

そうこうしている内に1.37台へポンと跳ねてしまった。
ここで損切りの逆指しを入れる。
1.3735まであったので、そこを越えて行ったらもうダメだと思い
1.3750でオーダー。で、あっさりと付く。

この時点で夜の12時位かな?
FOMCまで寝るかと思い寝てしまう。
4時頃起きたら爆上げ、、、
1.3750損切りから途転でも、まだ良い位だった、、、orz

はぁー、でも一応、損切りは最低限の(ほんと最低限だけど)
やるべきことはやった、と納得しておこう。
(いいのか、そんなに前向き?で)

さて、ここまでくるとユーロも買いにくくなっちゃったし、
イメージが全く湧かない。

にほんブログ村 為替ブログへ ←ポチっと、応援してください。

日記081215 逆なんだよね 

①ユーロドル:1.3600売→キープ

今週はユーロドルは買うつもりでいた。
なのに売りで捕まっている、、、

先週トリプルトップをつけた1.3400処が
逆にサポートになると思い、1.3410で買指し。
けれどそこまで押さずに上昇してしまった。
いつものように順張りでは付いていけない。
で、適当なところで売ってしまうパターン。
(一応1.3600は一目の雲の上限だが)
また100P早かったようだ。

さて、もう少し上でナンピン売りの抱き合わせで逃げ、
となるか?

日記081212 ドタバタしたけど 

①ユーロドル:(1.3310売)→1.3300仕切 +10P
②ユーロドル:1.3350売→1.3265仕切 +85P
③ユーロドル:(1.3200売)→1.3265仕切 -65P
④ユーロドル:1.3400売→1.3380仕切 +20P
⑤ドル円:90.55売→90.50仕切 +5P
⑥ドル円:91.50売→91.45仕切 +5P

持ち越しのユーロドルの売りを早く処分したかったのだが
抱き合せのチャラ逃げ1.3250が紙一重で入らない、、、
先に①のストップが入る。
上で売り直し、②③の抱き合わせで薄利。
で、さらに上で売り直し④。

昼からのドル円の下落は見てるだけ。
一気の下げに順張りは手が出ない。
で、下で買えるかというと、買えてない、、、
プロの人達は売りを利食って、すかさず買い転換してるもんなー。
自分はと言うと戻りの⑤⑥で、ちょっかい売り。
一応、自分なりにポイントと思われるところで売り指したポジなので
利食いはもっと我慢しなければ、、、チキンすぎる。

結果としてドタバタした割りに薄利という、いつものパターン。
まあ、プラスで終わった事は良しとしましょう。

にほんブログ村 為替ブログへ ←ポチっと、よろしこ。

日記081211 無謀だったか 

①ドル円:92.15買→92.20仕切 +5P
②ユーロドル:1.3200売→キープ
③ユーロドル:1.3310売→キープ

うーん、、、
①が逃げられたのは超ラッキー。冷や汗
②、③は、やはり無謀か。
1.330までは想定の範囲だったのだが、1.340は、、、
100Pずれただけ、と言えなくもないが。
でも、そもそも売り向かうのが間違いなんだろうな。

ユーロドルが逆行してるストレスで
ドル円の91.20で買い直しなども、ためらって手が出ない。
思い切りの出し所が違うよな、きっと。

にしても、売りでも買いでも逆張りしかできない。
順張りって、やったこと無いなー。
この辺にも精神的な理由が何かあるんだろうか?

日記081210 思いきりが、、、 

ドル円は93円台になったら売ろうと思っていたが
なかなか上がらなかった。
(寝てる間にワンタッチあったようだ)

で、ユーロドルの噴いたところを売ろうと思ったのだが
指値をちょこちょこ動かしていたら結局、売り損ねた。
(1.3050を3060に、そして3075にして寝る。)
なにやってんだか、、、

ドル円も思い切って手を出せば、
夕方からの上下で、手返しよくスキャルできたと思う。

手を出さなければ収益機会も無いのだが、
慎重なのとは、また違うマイナス心理なんだろうなー。

さて現在はドル円がまた下げているようだが、
下で買う?

にほんブログ村 為替ブログへ ←ポチっと、よろしこ。

日記081209 ビビリながら 

①ドル円:92.25買→92.30仕切 +5P
②ドル円:92.20買→92.25仕切 +5P

戻り売りスタンスなのだが、戻らないので
下でビビリながらスキャル。
薄利が出たところで夜も遅いので寝る。

資金に余裕があれば92.0とかで買指しも
アリだったのかなー、と。
でもまあ今は無理しないでコツコツと。

日記081208 ヘタレだねー 

売るぞー、と言っておきながら売れない。
夕方の一気の上げは、とりあえず収まるまで様子見。
その後のグダグダは夕飯&風呂なんかもからみ、
ちょっと集中力ダウンでスルー。
そうこうしているうちに93円割れ、、、

どこで売るのが正解だったんだろう?
ロスカット覚悟なら最初の上げでレベルを決めて売り。
次は揉み合いの中で93.45-50。
次は一旦93円割れの後の戻した93.15あたり。
で、もう一回下にブレイクの92.90順張り?(これは速くて無理だな)
やっぱ、最初か2番目なのかなー、、、

まあ、こうやってあーだこーだ考えるのも実になっていけばな、と。

にほんブログ村 為替ブログへ ←ポチっと、よろしこ。

きれいにストップ 

ギャップアップは無かったけど、
9時過ぎに93.0円のストップがきれいに付いた。
(付けられた?)

日経の寄り前に利食っておけば良かったかなー。
でも、チャラで損は出てないから、まあ良いのか。

この後はイメージが湧かない。
とりあえずドル円93.0より上で売り直せたら、と。

日記081206 ギャップアップ? 

ビッグ3への公的資金注入が決まったの?
明日朝は、利食う前に逆指のチャラ逃げストップが
付いちゃうのか、、、

今週は少しは稼ぎたいところだ。
忘年会の飲み代くらいでも助かる。
懐事情からすると外に飲みに出るのは正直きつい。
けれども、やはり人付き合いは外せない。
特に本業は人脈が大事になってくる職種だし。

まあでも無理に顔を広げたり、
飲みの席で営業色を出したりはしない。
気の置けない仲間内の飲みなんだから、
楽しくワイワイやるのに限る。

にほんブログ村 為替ブログへ ←ポチっと、よろしこ。

日記081205 

①ドル円:93.00売→継続

悪い雇用統計で下に崩れるかと思ったが
何故か底堅い。
夜3:00頃まで見ていたが動かないので、
ショートカバーが多少あるかなーと思いつつも
まあ無いかなというレベルで93.00で売り指しして寝た。

起きたら、あら、付いてましたね。
さて、月曜の朝、うまく利食えればいいのだけれど。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。